三井住友の審査基準とは

三井住友銀行カードローンは全体的な利用希望者数以外に審査が早い理由があって、個々の完全子会社のSMBCコンシューマーファイナンスの存在。小額から気軽に借りられ審査も甘い消費者系カードローンが普及していき、次第に三井住友カードローンの申込者も減ってきたのです。このままで行けないと思った三井住友はそこでプロミスの完全子会社化を決意。三井住友カードローン保証会社をプロミスに委託することにしたのですが、審査の大部分プロミスに委託することにより、銀行系らしからぬ最短30分という審査速度を手にしたのです。 ですが、これは裏を返すと個々のカードローンは消費者金融と同じ審査をしているということ、ほかの銀行系に比べて努力次第で審査通過が可能となります。そして、審査基準は、他とかねがね一緒で、具体的には年収や雇用携帯など項目から見る返済能力や信用機関に問い合わせることにより過去クレジットカード、公共料金滞納などがないか、民事再生から判断できる信用情報など審査が主な基準となります。蛇足ですが、申込時の希望融資額によっても審査難易度が変わる情報もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です